快ちゃんの日記

快ちゃんの日記

神道を信仰している10代男性です。

天皇陛下 秋季皇霊祭・秋季神殿祭の儀へ出御 皇后陛下は御遙拝(平成30年)

こんにちは。
当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^^)

天皇陛下には、平成30年9月23日、皇霊殿・神殿において行われた秋季皇霊祭・秋季神殿祭の儀へ出御されました。
皇后陛下には、この儀に当たり御遙拝され、お慎みになりました。
(情報源:両陛下ご動静(23日・日・祝=秋分の日) - 産経ニュース

秋季皇霊祭(しゅうきこうれいさい)は、毎年秋分の日に宮中の皇霊殿(こうれいでん)において行われる皇室の御先祖へ対しての祭祀です。
秋季神殿祭(しゅうきしんでんさい)は、毎年秋分の日に宮中の神殿(しんでん)において行われる祭祀で、天地神祇へ対して神恩感謝をするものです。
(参考:主要祭儀一覧 - 宮内庁

天皇陛下には、お身をお清めになり、黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)にお召し替えされて祭祀へ臨まれます。


(写真:天皇陛下傘寿に際してのお写真(宮中祭祀) - 宮内庁より)
(このお写真は、平成25年の秋季皇霊祭・秋季神殿祭の儀へ出御される天皇陛下。)

天皇陛下には来年4月30日を以って譲位されますので、来年の秋分の日には皇位を継承し第126代天皇となられたお方が秋季皇霊祭・秋季神殿祭の儀へ出御されます。

そのため、天皇陛下にとって、秋季皇霊祭・秋季神殿祭の儀へ出御されるのはこの度が最後となりました

御即位から30年。
天地神祇や皇祖皇宗への祭祀を怠らずに務めてこられた天皇陛下には、改めて頭が下がります。

皇后陛下には、本来はこの度の祭祀へ出御されるのですが、今年(平成30年)3月に宮内庁侍従職が『皇后陛下のご体調とご日程について』という文書を公表し、その中で、

この秋の皇霊祭・神殿祭のお参りはご欠席となります。

としたため、この度は出御されず御所から御遥拝されました。

皇后陛下には頸椎症性神経根症を患われておられるため、皇霊殿と神殿の二殿へお参りされるのは無理と侍医が判断したとのことです。

頸椎症性神経根症は首や肩に痛みの生じる病とのことですので、重い大きな鬘をお頭に着けて、更にお体に大きな負担の掛かる古式装束をお召しになって祭祀へ出御されるのは、皇后陛下にとっては凄くお辛いことなのです。

しかしながら、皇后陛下には、毎年1月に行われる昭和天皇祭や毎年6月に行われる香淳皇后例祭などにはせめて出御される様に努められています。
そして、この度の様に出御が叶わない祭祀へは、必ず御遙拝されお慎みになっています。

病を患われておられても宮中祭祀をできる限り務められようとされる皇后陛下にも、頭が下がります。
皇后陛下にとっても、皇后として秋季皇霊祭・秋季神殿祭の儀へ向き合われるのはこの度が最後となりました。


記事を最後までご覧下さり、ありがとうございました(^^)

ご意見・ご感想など、お気軽にコメント下さい。